「痛みに配慮した治療を心がけています」

痛みを伴う歯の治療を行う場合は、歯のまわりに局所麻酔をします。

針の局所麻酔をうつ前に、歯ぐきの表面に塗り薬の麻酔をつけます。そうすることで、針が刺さる時のチクっとした痛みが和らぎます。

また極細の針で、ゆっくり注入する電動注射器を使用して行うので、薬液を注入している時の痛みが抑えられます。

麻酔液も人肌程度に温めたものを使用し、痛みを感じにくくします。注射針も最細35Gの針を使用しています。

痛みが苦手、不安な方は、リラックスしてできるように声かけしながら治療を行いますので、お伝え下さい。