妊娠中は、妊娠何週目か、体の健康状態をお伝え下さい。

妊娠中の歯科治療は編ん定期で健康状態に問題がなければ可能です。
それ以外は、過度な緊張や長時間の治療によって母体にストレスがかかるようなことはできるだけ避け、応急処置のみといたします。

歯の麻酔は、局所の麻酔なので妊娠中でも問題ありません。
薬の処方が必要な場合は、安全な薬を必要最小限で使用します。

妊娠中はつわりにより、歯磨きがしづらくなったり、嗜好の変化やちょこちょこ食べにより、虫歯のリスクが高くなります。またホルモンバランスが変化して、歯ぐきの炎症が起こりやすくなります。

3児を育てている副院長が、経験を生かして的確な指導とアドバイスをしています。

お体の状態を確認し、相談しながら治療を行いますので、心配せずに受診してください。
治療中は楽な姿勢でリラックスできるように心がけます。

妊産婦歯科検診について