当院では、安全・快適で患者様に優しい歯科診療を目指しています。
最新テクノロジーを採用
過去の歯科医療界においては、患者様に対する診療の説明が足りないケースが多々見られました。
当院では、皆様の歯科診療を成功に導くためには歯科医師と患者様の信頼関係の構築が最も大切で、その構築にはインフォームドコンセント(診療の説明とその了承)が必要であると考え、iPadProによりX線写真や口の中の画像をお見せしながら治療方針をご説明致します。
新世代パノラマX線撮影装置「プロマックス」
当院が導入しているのが、新世代デジタルパノラマX線撮影装置「プロマックス」です。この撮影装置は、従来の装置に比べてX線被爆量が約1/10(当院比較)と少なく、すばらしく鮮明な画像が得られるなど、突出した性能を持っています。
「プロマックス」で撮影されたデジタル画像情報は、デジタル画像情報として、診療ユニットにおいて、即座に診断、診療に活用することができます。

          

痛くない麻酔 刺入点に表面麻酔を行いコンピューター制御の電動麻酔器を使用して痛む可能性のある処置には必ず麻酔を行なっています。

歯石除去も痛くない 最新の歯科用多目的超音波知療器スプラソンP-MAX2を使用することにより今まで苦痛であった歯石除去も快適に行えます。スープラソンP-MAX2のニュートロンテクノロジーは、常にチップに応じた最適な周波数を自動的に選択。歯面の状況により負荷が掛かると、それに応じて瞬時に発信周波数とパワーを補正します。硬い歯石や柔らかい歯石などあらゆろ状況で一定の振動を保ち、安定した超音波治療をサポートしてくれます。

生体モニター、AED リスクのある患者さんのために準備してあります。